ファンドの 落とし穴にハマらないために

資産運用に関する重要なこと

退職金などのある程度ボリュームのある資金を運用したい場合は、思い付きで投資をしようとせずに銀行や証券会社に勤務するプロに相談した方が儲かる可能性がまだ高いです。近年注目をあびている金融商品にファンドラップがあります。数百万円ほどの資金があれば金融マーケットのプロに投資を一任することができます。一任するといっても、1から10まですべて任せるのではなく最初に充実したカウンセリングをプロからしてもらえます。その際に投資するお金をどういった種類のものに投資したいのかをヒアリングされます。
個別に異なる投資方針に基づいて運用担当者がどのように資金を振り分けるのか決定するのでオーダーメイド風な金融商品です。

投資にもいろいろある

NISAの口座を持つ人が増えていますが、投資で得た配当や売却益に課税されないシステムです。気軽にスタートできる投資の制度であり、これまでオンライン証券などに口座を作ってはみたもののあまり活発にトレードしてこなかった人にとっては投資を後押しすることも期待されています。しかも非課税期間が5年間とかなり長いのも特徴です。その間にたくさんトレーディングして収益を貯めておくことも可能です。
NISAの口座は1人1つしか持つことができないです。
因みに、不動産投資信託の活況も呈しています。実際に不動産に投資するわけではなくその不動産が生み出す収益を得るので、この金融商品も少額からスタートできるため人気があります。