投資して損はあるのか私のお金

『ファンドラップ』を知っていますか?

そもそも『お金を投資する』というのは、「将来の資産を増やすことを目的に、現在所有している資産を投じる行為」のことを指します。
「誰でも確実に儲かる」というような話ではなく、あくまで「将来を見据えた行為」ですので、どれだけ確率が高くても一定数のリスクは当然伴います。つまり、賭け事(ギャンブル)の一種と言えますね。
しかし、投資信託において『ファンドラップ』という仕組みを用いれば、そのリスクを大幅に下げることが可能となります。
『ファンドラップ』とは、投資一任サービスの一種で、顧客の許容できるリスクや投資目的に合わせて、金融機関の専門家のアドバイスを元に複数のファンドを選び、組み合わせて運用することを指します。

『ファンドラップ』の特徴

本当に将来を見据え、少しでも豊かな暮らしを目指すためにお金を投資するのであれば、『ファンドラップ』については必ず知っておく必要があると言えます。
『ファンドラップ』を利用しての資産運用にあたっては、投資のプロのアドバイスを聞くことができます。つまりコンサルティングですね。これが、あなたにとっての最大の付加価値になるのです。かわりに、一定額の『ファンドラップフィー(顧問料・管理手数料)』を支払う形になります。投資のプロが厳選したファンドから投資先を選定できることもメリットと言えます。

『ファンドラップ』は、証券会社や銀行などが主に行っている信用あるサービスですので、投資信託に興味のある方は1度検討してみてはいかがでしょうか?