ファンドって種類があるのか

こういった種類のファンドあります

ファンドには幾つかの種類がありますが、ファンドラップはなかでもサラリーマンに人気があります。この金融商品は顧客がどの程度リスクを取っても良いか事前に運用担当者に明示したうえで、その担当者が数多あるファンドのなかからどの投資信託を選ぶかを決定します。もちろんリスク以外にも多くの事項をじっくりと運用担当者が投資家からヒアリングして最終的な道筋を決めていきます。どの投資信託に預かった資金を分散するかは投資家にも確認はとりますが基本的には投資のプロに一任します。
投資を開始してから一定期間経過したら運用担当者が運用結果を投資家に対して説明します。その時の運用結果や市場の状況によって投資対象を変更することがあります。

NISAとはなんでしょうか

ニーサとは株式や投資信託に投資して得た収益や配当金を一定額非課税にする制度です。そのメリットを享受するためには専用の口座を開設する必要がありますが、非常にメリットが多いとのことで既に日本に定着しています。ニーサが登場してから非課税枠は100万円だったのが120万円に増える等、投資家にとっては良い動きが続いています。そのため日本でニーサの口座を開設する人は年々増えています。ニーサの口座を開設した人達を年齢別で確認すると30代と40代の方々が多いですが、20代以下の人達向けに特別に作られた枠もあります。
ネット証券でも町の証券会社でも気軽にニーサ用口座は作ることができます。子供がニーサ用口座を開設する場合は親権者の同意がいる等条件があるので注意するとよいです。